雑貨の似合う家づくりならハヤカワホーム
ハヤカワホーム ハヤカワホーム電話番号

雑貨の似合う家づくりなら

ハヤカワホーム

中津川市、恵那市、多治見市で新築一戸建てのオーダメイド住宅なら、中津川市のハヤカワホームへ

〒508-0203
岐阜県中津川市福岡978−62

0573−72−3365

営業時間 8:30~18:00 定休日:日曜日

ハヤカワホーム カタログプレゼント

2020年1月30日

注文住宅を建てる流れとかかる期間についてご紹介

注文住宅を建築する主な流れとかかる期間は誰もが気になる事です。最初に大まかに流れと期間を把握しておけば、全体の予定なども立てやすくなります。最初にどこでどのような生活をするかなど、家族の生活スタイルをイメージしていきます。建物や拠点を都心または広い土地がある郊外かなど大体決めていき、約1ヶ月~3ヶ月かけて具体的に固めていきます。

具体的なイメージが固まったら次に住みたい地域の不動産会社に相談して、イメージする予算や広さ・具体的なエリアなどの希望を伝えて探しますが約3ヶ月~6ヶ月かかります。希望する条件にあった場所が見つかると土地の購入と契約を結びます。大体3ヶ月~10ヶ月かかり、契約前には不動産会社から購入したい土地の「重要事項の説明」を受けておきます。

土地を購入したら住宅ローンを利用するために申しこみますが、ローンにもいくつかの種類があり、4ヶ月~12ヶ月ほど必要です。無事、ローンを組んだらあとは実際の工事に入り、完成後に引っ越しと入居を行います。大体1ヶ月~3ヶ月です。工事が終わって引き渡しの前に、完成立会いがあり施工会社の担当者や工事管理者等と一緒に建物をチェックします。床や壁などに汚れや傷などがないか、建具が動くかなどしっかり見ておいて不具合があるときは、それをいつ修理するかも明確にします。これもあとから、トラブルを防ぐためにも書面で確認しておきます。

2020年1月29日

注文住宅を建てる際に考えておきたい、収納の事例について

注文住宅は最初の設計が非常に重要になり、後から後悔してしまうことが無いように、生活を送る上で快適性を感じられるように配慮することが必要です。考えておきたいことの中には収納の問題があります。広々としたリビングや居室、水回りのスペースを確保しても、収納力が低い場合は後から不便を感じることが多いものです。

収納スペースは注文住宅の場合は、自由自在に設置することができ、醍醐味といっても過言ではありません。事例の中にはウォークインクローゼットを設けることが現在では増加傾向にあります。衣類だけではなく家電製品や生活用品、雑貨類など多種多様な物品を家族で共用で使えることは魅力的です。他にも床下収納を充実させている事例もあり、以前の建売住宅では、キッチンの床下の狭いスペースに限定されていたものですが、新しい注文住宅では場所を選ばずに設置できます。

和室でも畳の下側にスペースを設ける方法があり、手動でも簡単に開閉できる機能を用いていることが特徴です。フローリングの洋室でも同じように、床材の下側に自由に設置できます。リビングなど広い面積のスペースに対しては、壁面収納という考え方もあり、壁の内部の空間を活用した事例も現在では豊富です。注文住宅は後からリフォームすることを前提にしていないことが多いので、設計段階からこだわりを持った設備を整えておくことで快適性を得られます。

2020年1月28日

注文住宅をお考えの方へ、リビング収納があることのメリット

注文住宅を建てるときにリビング収納があると、実際に生活をするときに便利です。家族が集まる場所ですが実は収納が少ないことも多く、玩具や新聞なども散らかりやすく新築を立てるなら収納も考えることが必要で、おすすめなのは備え付けの壁面タイプです。リモコンや文房具類、書類などの定位置を決めてしまい使ったら必ず戻すようにします。散らかってしまうのは、しまいにくいところへあることが関係していて、種類や設置場所を考えるなら生活道線を先に考えてことが重要です。

テレビを見るのにリモコンがしまってあるところが遠いと、片付けるのが面倒になりそのうち出たままになります。ソファに座りテレビを見るのが習慣だと、ソファから近い場所へしまえるところを考えるのがポイントです。壁面やカウンターの収納はおすすめで、使いやすい壁面タイプなら奥行きが狭いタイプがいいです。

棚の奥行きがあると奥のほうへ物をしまい込んでしまい、何をどこへ片付けたかわからなくなります。壁面だと市販のボックスやかごなどを上手く利用出来ますし、注文住宅を建てるときに一緒に作ってしまってもいいですボックスやかごに入れるものも種類ごとに分けて、何がしまってあるかを書いたシールを貼りすぐにわかるようにしておきます。カウンターを設置するなら書類をしまえるスペースを作って、少しの作業が出来る場所として活用するのが便利です。

2020年1月27日

注文住宅をお考えの方へ、物置でよくある失敗って?

マイホームは多くの人にとって人生最大の買い物で、一度限りという人も少なくありません。限られたチャンスを最大に活かして後悔しないためにも、希望の条件はすべて取り入れたいところですが、そこは予算との兼ね合いで、最高のマイホームとはすべての条件を完全に満たすことではなくバランスよく取り入れた住宅です。

マンションや建売住宅では住まいの立地と設備は不可分であり、この建物が別の場所にあったらという仮定に意味はありませんが、立地から設計まで自分で決めることができる注文住宅では予算の範囲内で希望条件を優先順位に応じて取り入れることができます。

そこで、収納スペースを有効に活用し、家の中に置く必要のない季節ものなどを保管する物置は住宅設計の強い味方です。ただし、注文住宅の基本である土地の活用法を定めた容積率・建蔽率の計算では一定の物置は計算に入れる必要があります。具体的には床面積が10平米を越えたら、物置でも建蔽率や容積率の計算に含めなければなりません。

物置の種類によっては、それによって住居本体の面積変更を余儀なくされることもあるので、失敗しないためには市販品で使用が確認申請の必要がないサイズのものを選ぶか、自作する場合でも床面積が10平米を超えないように注意をします。また、物置の前には収納する荷物の一時的な仮置き場を確保すると便利です。

お客様とのお約束

1

お客様が嫌がるような
勧誘は一切行いません。
お気軽にご相談ください。

2

お客さま任せでも
ハヤカワホーム任せでも
ありません。
一緒に家づくりをしましょう。

3

お客さまの未来を
見据えた家づくりをします。
お金儲けのために
無駄な工事はしません。
お客様とのお約束

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせはこちら

0573−72−3365

営業時間 8:30~18:00 定休日:日曜日

お電話でのお問い合わせ
雑貨の似合う家づくりならハヤカワホーム

早川建築 株式会社

〒508-0203 
岐阜県中津川市福岡978−62

早川建築 株式会社

0573−72−3365

営業時間 8:30~18:00 定休日:日曜日

中津川市、恵那市、多治見市で新築一戸建てのオーダメイド住宅なら、中津川市のハヤカワホームへ

お問い合わせ・資料請求