雑貨の似合う家づくりならハヤカワホーム
ハヤカワホーム ハヤカワホーム電話番号

雑貨の似合う家づくりなら

ハヤカワホーム

中津川市、恵那市、多治見市で新築一戸建てのオーダメイド住宅なら、中津川市のハヤカワホームへ

〒508-0203
岐阜県中津川市福岡978−62

0573−72−3365

営業時間 8:30~18:00 定休日:日曜日

ハヤカワホーム カタログプレゼント

2021年1月27日

新築のオプションで後悔しないためには?中津川市の業者が解説

「中津川市で新築を購入するうえで、オプションについて悩んでいる」
「新築のオプションで後悔しないためのポイントを教えてほしい」
新築の購入を検討されている方の中には、オプションで悩まれる方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、新築のオプションで後悔しないためのポイントについてご紹介します。

□一般的な新築に必要なオプション

まず、一般的な新築に必要なオプションをご紹介します。
オプションだと把握されにくいことがあるので、ここでそれぞれのオプションについて確認しておきましょう。
また、それぞれの必要性についてもご紹介します。

*網戸について

まずは、網戸です。
網戸がオプションに含まれることをご存じなかったという方も多いのではないでしょうか。
新築で窓を設置する場合、網戸も必ず設置しておいた方がいいでしょう。
なぜなら、網戸がない状態で窓を開けてしまうと、ほこりや虫が室内に侵入してしまうからです。
それらが原因で、室内が汚れてしまうことも多いでしょう。

そのため、新築で窓を設置する際には、忘れずに網戸も設置しましょう。
また、網戸にもカラーやデザインが豊富に用意されている場合もあります。
その中で、どの網戸にしたらいいかわからないという方も多いでしょう。
そういった方は、室内との統一感を意識することをおすすめします。
室内との統一感を意識することで、網戸だけが目立ってしまうということを防げるでしょう。

費用に関しては、複数枚の網戸をセット価格として用意している業者もあります。
そういったサービスを利用することで、少しでも費用を抑えられるでしょう。
網戸は標準の設備として含まれていない場合も多いので、忘れずにチェックしておきましょう。

*シャッターについて

シャッターも新築に必要なオプションの1つと言えるでしょう。
シャッターが必要な理由は、住宅の防犯対策として用いるからです。
標準の設備では、住宅の窓から簡単に侵入されてしまいます。
住宅内に侵入されてしまうと、貴重品を盗まれてしまうことにもつながります。
それを未然に防ぐためにも、シャッターを設置することを忘れずに依頼しましょう。

シャッターを設置しておけば、外出時にシャッターを閉めておくことで窓からの侵入を防げるでしょう。
泥棒の侵入口として、窓は特に利用されやすい場所なので、しっかりと対策しておいてください。

また、シャッターには防犯効果だけでなく、断熱効果も期待できます。
断熱性能は、快適性に直接つながるので、断熱効果があることはシャッターの魅力の1つとも言えるでしょう。
シャッターの種類は豊富にあるので、サッシのメーカーと合わせて選ぶことで統一感を持たせられるでしょう。

*面格子について

新築を購入する際は、面格子も忘れてはいけないポイントの1つです。
どれだけ小さな窓でも、泥棒からしたら侵入経路の選択肢になる可能性も考えられます。
そのため、万が一の事態を防ぐためにも、どの窓にも面格子を設置することを忘れないでください。
面格子は、ある程度小さな窓に設置します。
そのため、大きな窓に対しては、先ほどご紹介したシャッターを利用しましょう。

また、住宅の外からの視線が気になるという方も多いでしょう。
そういった場合にも、面格子を設置することで解決されるでしょう。
面格子を設置することで、自分だけでなく家族のプライバシーも守ることにもつながります。

特に、二世帯住宅としてご両親と同居されている方や、お子様がいらっしゃるご家庭では、家族の人数も多いはずです。
家族全員で安心して暮らすためにも、面格子の設置を検討してみましょう。

*カーテンレールについて

最後にご紹介するのは、カーテンレールです。
新しい住宅を購入する方は、カーテンは必ず必要ですよね。
新築を購入する場合、カーテンレールがオプション扱いになっている場合も多いです。
カーテンを設置するためにも、カーテンレールは忘れずに依頼しておきましょう。

カーテンを設置しないと、住宅の中が丸見えになってしまい、プライバシーも守れないですよね。
安心して暮らすためにも、カーテンは必ず設置してください。

カーテンレールにも、いくつか種類があります。
費用の面から考えて、安いタイプを選ぶ方も多いでしょう。
しかし、カーテンレールは毎日使用するものです。
せっかくカーテンレールを設置したのに、すぐに壊れてしまっては意味がありませんよね。
そのため、費用面だけで考えるだけでなく、材質や耐久性の面もしっかりと考慮しておきましょう。

□新築のオプションで後悔しないためには

新築を購入する際、オプションが多くてどれを選んだらいいかわからなくなる方も多いでしょう。
せっかくオプションを設置したのに、結局使っていないと意味がありませんよね。
そういった後悔の内容にするためには、オプションを選ぶ際には、どのオプションがどのタイミングで必要なのかを考えましょう。

また、オプションの優先順位を考えることも重要です。
そして、その優先順位に応じて、オプションを設置することで、より快適な住宅に仕上がるでしょう。

そして、オプションの優先順位を考える際には、家族全員の意見を取り入れましょう。
家族内でも、意見が分かれることは多いです。
そのため、全員が納得のいくようなプランを決めましょう。
全員の納得が得られたプランであれば、新築のプランに後悔することも防げるでしょう。

□オプションの工事費用を安くするために

新築でオプションを付ける際には、必要な費用に追加の費用を支払う必要があります。
オプションのグレードが上がることによって、費用も多くなるでしょう。
そういった中で、少しでもオプションの工事費用を安くするためには、業者に直接連絡するのがおすすめです。
仲介してくれる業者を利用してしまうと、仲介手数料などによって、費用がさらに増えてしまうでしょう。
そのため、オプションの業者に直接連絡することで、無駄な費用を抑えられます。

□まとめ

今回は、新築のオプションで後悔しないためのポイントについてご紹介しました。
新築のオプションでお悩みの方は、ぜひ本記事を参考にしてください。
また、当社では、新築に関するご相談を受け付けております。
当社の専門家が、皆様のプランをサポートいたします。

2021年1月17日

中津川市で新築を購入される方へ!内装を考えるうえでのポイントとは?

「中津川市の新築を購入するうえで内装について悩んでいる」
「新築の内装を考える際のポイントについて教えてほしい」
新築を購入される方は、特に内装に関して悩まれている方も多いでしょう。
そこで今回は、当社が新築の内装を考える際のポイントをご紹介します。

□新築の内装を考える際のポイント

新築の内装は、失敗される方が多いです。
そのため、まずは新築の内装を考える際のポイントについて見ていきましょう。

*失敗事例から学ぶ

これまで新築を購入された方全員が、理想の住宅を実現できたとは限りません。
中には、理想の住宅が実現できずに失敗された方も多いです。
そのため、これから新築を購入される方は、失敗事例から学ぶことを意識しましょう。
誰かが失敗したポイントは、自分も失敗しやすいポイントでもあります。
そのため、新築ではどのような失敗が多いのか知っておくことは重要です。

内装で多い失敗としては、部屋のスペースに関する失敗が挙げられます。
間取りを考える際、それぞれの部屋の広さを決めますよね。
その際に決めた部屋のスペースが、実際に使ってみると小さかったり、逆に大きすぎたりするといった失敗が多いです。
部屋の広さを考える際は、見取り図だけを頼りにしてはいけません。

このような失敗を防ぐためには、1つ1つの部屋にどのくらいの広さが必要なのかを考えることが重要です。
大体このぐらいの広さで十分であろうとあいまいな状態で決めてしまうと、後悔する原因になってしまうでしょう。
そのため、家族の意見も取り入れて、それぞれの部屋に必要な広さを慎重に考えましょう。

*壁材にもこだわる

2つ目に、壁材にもこだわることが挙げられます。
新築を購入される場合、壁材も自分で選べる場合があります。
住宅における壁材には、さまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。
そのため、自分の生活に合う壁材はどれかを慎重に選ぶ必要があります。
例えば、一般的なクロスであれば、扱いやすさに長けていることに加えて、デザインも豊富に用意されているので、費用を抑えておしゃれな部屋を実現したいという方におすすめの壁材と言えるでしょう。

また、無垢材も人気の壁材の1つです。
無垢材は、木材などの自然素材を用いた壁材です。
木材が本来持っている香りや、木材の高級感を出したいという方におすすめです。
その他にも、無垢材には調湿効果もあるので、快適な生活を実現できるでしょう。

ご紹介した壁材の他にも、さまざまな種類の壁材が用意されています。
それぞれのメリットや注意点などを把握したうえで、自分や家族の生活にマッチするような壁材を選びましょう。

*内装費を効果的に節約する

新築住宅を購入する場合、高額な費用がかかります。
特にアレンジやオプションを加えたいという方は、さらに追加の費用も掛かるでしょう。
そのため、新築の費用をおさえたいという方も多いはずです。
内装を考える際にも、節約につながるポイントがあります。

例えば、新築に和室を作りたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。
和室は、日本の伝統が感じられ、さまざまなメリットがあります。
しかし、和室を作る場合、洋室よりも費用が掛かってしまうことが多いです。
そのため、内装の費用をおさえたいという方は、部屋の構造をシンプルなものにしたり、壁材に関しても比較的安価な素材であるクロスを使用したりするなどの工夫が必要でしょう。

また、あえて和室を作らないというのも1つの手段と言えるでしょう。
和室を作るだけでも、追加の費用がかかってしまうので、できるだけ費用をおさえたいという方は、和室を作らないことも検討されてはいかがでしょうか。

その他にも、壁の数を少なくすることで、費用をおさえられる場合もあります。
壁を作るための費用は高額なので、不要な壁は作らないことで、無駄な出費をおさえられるでしょう。
壁をなくすことで、家族とコミュニケーションをとる機会も増えるので、そういったメリットも考慮してみてはいかがでしょうか。

*コンセントの配置を考える

新築では、コンセントの配置も考える必要があります。
特に、新築ではコンセントの配置に関する失敗も多いので、コンセントの配置を考える際は十分に注意して決めましょう。

コンセントの配置を決める際に重要なポイントとして、数と高さが挙げられます。
まずは、住宅内で必要なコンセントの数を考えましょう。
どの部屋にコンセントが必要なのか、家族と話し合って決めることが重要です。

そして、コンセントの数が決まれば、コンセントを配置する高さを決めましょう。
コンセントの高さも、生活の快適性に大きく影響します。
そのため、実際にコンセントを使う際の場面をイメージして、何のためのコンセントなのかを考えることが重要です。

□新築の使い勝手を左右する要素

新築の使い勝手を決める大きな要素として、収納が挙げられます。
収納に関しても、どのくらいの収納スペースが必要なのか、またどこに収納スペースを作れば便利なのかを考える必要があります。

将来的に収納アイテムが増えてしまうと、収納スペースが足りないという状況になってしまうかもしれません。
そのため、収納スペースを考える際は、将来的なことを考慮することも忘れないでください。

□新築の内装で失敗しないためのポイント

新築の内装で失敗しないためのポイントは、業者との打ち合わせの際に気になったことは聞いておくことです。
新築の打ち合わせでは、購入者の希望に合わせて業者とプランを考えます。
そして、新築の完成イメージを共有しておくことが重要です。
そのため、少しでも自分が理想としているプランとイメージが異なっている場合は、迷わず業者に指摘しましょう。

また、プランを決める際に、不明確な点や問題点が出てきた場合も、随時担当者に質問しておきましょう。
ここで問題点を解決しておかないと、後に失敗につながってしまう可能性も考えられます。

□まとめ

今回は、新築の内装を考える際のポイントについてご紹介しました。
新築の内装を考える際のポイントは理解していただけましたか。
当社では、新築の購入でお悩みの方を全力でサポートいたしております。
専門家の意見を取り入れたいという方は、ぜひ一度当社にお問い合わせください。

2021年1月6日

新築の床材はどう選ぶ?中津川市の新築ならお任せください!

新築を建てる際にはインテリアから外壁まで様々なことを決める必要があります。
床材もそのうちの1つです。
しかし床材にはいろんな種類があるので迷ってしまいますよね。
今回中津川市で新築を建てようと考えている方に向けて、おすすめの床材や床色を選ぶポイントを紹介します。

□新築におすすめの床材とは

床材には色々な種類がありますが、どのような基準で選んだら良いのでしょうか。
いくつか簡単に紹介します。
まずコストを基準にする方法が挙げられます。
新築を建てるのにはただでさえたくさんの費用がかかるのでなるべくコストカットをしたいと思う方も多いでしょう。

見た目を基準に選ぶ方法もあります。
床は壁や天井に次いで大きな面積を占めるので、床材によって大きく部屋の印象が変わります。
見た目にこだわりたかったり、抱いている部屋のイメージがあったりしたら、床材にこだわってみると良いでしょう。

他にも足触りやお手入れのしやすさも重要な基準になります。
常に足が触れているので足触りを大切にすることで居心地がぐんとアップするでしょう。
掃除がしやすいことは忙しい人にとってありがたいポイントになりますよね。
このように、様々な選ぶポイントがあるので自分や家族が何を重要視したいのかを話し合っておくと良いでしょう。

次に、新築におすすめの床材を紹介していきたいと思います。

価格が安さやお手入れのしやすさを大事にしたい方には複合フローリングをおすすめします。
本物の木材を使用するのではなく、薄い合板を重ねて表面に化粧シートを張り合わせたフローリングで、一般的にフローリングと呼ばれているものです。
最近はクオリティが高くまるで本物のように見えるので、無垢材がいいけどあまり費用はかけられないといった方のニーズを満たしてくれる床材であると言えるでしょう。
お手入れが楽で防音性が高いといったメリットがありますが、無垢材のような風合いがなかったり夏場は足触りが悪かったりといったデメリットもあります。

複合フローリングには実はもう1つ突板タイプという種類があるのをご存知でしょうか。
前述のものは化粧シートが表面に張り付けられていましたが、突板タイプは表面に本物の木材が貼り付けられています。
そのためより近い木材の質感を感じられます。
更にお手入れが簡単だったり、木材だけど無垢材よりは費用がかからなかったりメリットがたくさんあります。

費用や手間はかかるが本物の木材にこだわりたいという方には無垢材のフローリングが最適でしょう。
本物の木材なので足触りや風合いを楽しめたり調質効果があったりします。
木材ならではの年数と共に色合いや風合いが変化する楽しみもあるのですが、本物の木材であるが故のデメリットがあり、それは湿度が高い環境下では膨張、乾燥している環境下では収縮してしまうということです。
そのため気づいたら隙間ができたり、床暖房を設置できなかったりするので注意が必要でしょう。

複合フローリングや無垢材のフローリングにはない雰囲気を持つ床材があります。
それはコルクタイルです。
コルク樫の樹皮を圧縮して作られた床材で、耐水性、耐久性、断熱性だけでなく防音性や弾力性に優れているので小さなお子様がいる家庭に最適な床材と言えるでしょう。
これだけ聞くと万能かと思うのですが実は紫外線に弱く日焼けしやすいので日当たりの良い部屋には設置しにくい床材なのです。

いくつかの床材とそれぞれに特徴があることを紹介しました。
ご自身が何を床に求めるのかを検討してから床材を選ぶとより良い住まいになるのではないでしょうか。

□床の色を選ぶポイントは

床の材料も大事ですが、部屋の雰囲気を大切にするためには色にもこだわる必要があります。
床の色の系統や失敗しないためのポイントを紹介します。

まず色の系統ごとに特徴があることを把握しておくと良いでしょう。
床の色の選択肢は多いですが大きく3つに分けられます。

アイボリーやホワイトウォールナットなどの白系があります。
この系統は光を反射しやすいので部屋を明るく広く見せられたり、インテリアに合わせやすかったりするといったメリットがあります。
しかし汚れや色あせ、劣化が目立つので注意が必要でしょう。

白とは対照的な黒やこげ茶は黒系と呼ばれ、高級感や重厚感を演出できます。
細かい傷や汚れが目立ちにくくキレイな印象を与えられますが、白い綿埃が目立ちやすかったり、部屋が暗く見えて窮屈に感じたりするというデメリットがあるでしょう。

白系と黒系の間に中間色があり、オークやメープルなどが該当します。
部屋全体がナチュラルで温かい雰囲気を作れるので人気のカラーです。
白すぎる色や黒すぎるのが苦手といった方には使いやすい色味でしょう。

最後に、床の色選びに失敗しないためのポイントを紹介します。

壁や天井を考慮して統一感のある仕上がりになるようにしましょう。
しかし一般的には床の色から先に決めるのがコツと言われています。
床の色が与える印象は大きいので、最初に作りたい部屋のイメージをしっかりと描いてから床の色を決めると良いでしょう。

カタログだけで色を決めないというのも失敗しないためのポイントです。
面積効果といって同じ色でも面積の大きさによって色が明るく見えたり暗く見えたりする現象があります。
そのためカタログだけを見て決めてしまうと、イメージと仕上がり後にギャップが生まれてしまうかもしれません。
あらかじめモデルハウスやショールームなどを見学してから、なるべく実物を見るようにすると良いでしょう。

床の色の系統とそれらが持つ特徴、色選びで失敗しないためのポイントについて紹介しました。
一度築いてしまったら簡単にやり直すのが難しいため注意が必要です。
最初が肝心ですから、しっかりと調べておくと良いでしょう。

□まとめ

床材は様々な種類があり、そして色にもたくさんの選択肢があるので床を決めるのは大変な作業かと思います。
それぞれの特徴やメリットとデメリットを理解したうえで、自分に合ったものを見つけましょう。
今回の記事が中津川市にお住まいで新築を建てようと思っている方の参考になれば幸いです。

お客様とのお約束

1

お客様が嫌がるような
勧誘は一切行いません。
お気軽にご相談ください。

2

お客さま任せでも
ハヤカワホーム任せでも
ありません。
一緒に家づくりをしましょう。

3

お客さまの未来を
見据えた家づくりをします。
お金儲けのために
無駄な工事はしません。
お客様とのお約束

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせはこちら

0573−72−3365

営業時間 8:30~18:00 定休日:日曜日

お電話でのお問い合わせ
雑貨の似合う家づくりならハヤカワホーム

早川建築 株式会社

〒508-0203 
岐阜県中津川市福岡978−62

早川建築 株式会社

0573−72−3365

営業時間 8:30~18:00 定休日:日曜日

中津川市、恵那市、多治見市で新築一戸建てのオーダメイド住宅なら、中津川市のハヤカワホームへ

お問い合わせ・資料請求