雑貨の似合う家づくりならハヤカワホーム
ハヤカワホーム ハヤカワホーム電話番号

雑貨の似合う家づくりなら

ハヤカワホーム

中津川市、恵那市、多治見市で新築一戸建てのオーダメイド住宅なら、中津川市のハヤカワホームへ

〒508-0203
岐阜県中津川市福岡978−62

0573−72−3365

営業時間 8:30~18:00 定休日:日曜日

ハヤカワホーム カタログプレゼント

2021年4月27日

中津川市で戸建て住宅をお考えの方必見!おしゃれな住まいにするポイントをご紹介!

「おしゃれな一軒家に住みたいな」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
せっかくマイホームを購入するのであれば、おしゃれな家に住みたいですよね。
今回の記事では、中津川市の業者がおしゃれな戸建て住宅についご紹介します。

□戸建てのおしゃれはハイレベル!

おしゃれな住まいを作り上げるには、私たち専門家のサポートが何より重要です。
家族の人数やライフスタイルを考慮した設計かつ、おしゃれに仕上げるのですから難しいですよね。

普段の生活の中でよその一軒家をじっくりと見る機会はそうそうないでしょう。
そのため、いざ自分の中でおしゃれな戸建てを目指し、想像してもなかなか思い浮かばないという事実もあります。

このように困った場合は、雑誌やインターネットを通して自分好みのおしゃれな戸建てを見つけるのも有効です。
しかし、間取りが異なれば、全く一緒にはできません。
色や材質を部屋の広さに合わせて調整することによって、やっとおしゃれなマイホームが完成します。

そのためまずは、トレンドを取り入れつつも自分好みの家に仕上げてくれそうな業者を見つけましょう。
その際には、機能や価格についてもしっかりと確認して探すのを忘れないでくださいね。
当社では、お客さまの未来を見据えた家づくりをさせていただきますので、ぜひお任せください。

□おしゃれな住まいをつくるポイントとは?

ここからは、おしゃれな住まいをつくるポイントを3つご紹介します。

*フローリングと壁のバランスを考える

フローリングと壁のテイストが合っていないと、それだけでおしゃれな印象は薄れてしまいます。
壁紙を個性的なデザインのものにしたいのであれば、床は落ち着きのあるものを選び、バランスを取ってみてください。
すると、すっきりとしたおしゃれな印象に仕上がるためおすすめです。

また、皆さんは「アクセントクロス」をご存じでしょうか。
アクセントクロスとは、部屋の壁の一部を、目を引くような色や柄の壁紙にしてアクセントをつけることを言います。
最近ではこのアクセントクロスも流行ってきているため、シンプルな壁をベースに、一面のみを凝ったデザインにしてみるのも良いのではないでしょうか。

*家全体のテイストを統一する

「リビングは北欧風モダンスタイルだけど、寝室はナチュラルスタイル」というように、部屋によってテイストが異なる住宅は、よほど家づくりに慣れていないと難しいものです。
バランスが上手く保てず、アンバランスな印象の家になってしまう場合があります。
一方で、家全体のテイストが統一されているとおしゃれな印象になりやすいです。
そのため、失敗は絶対に回避したいという方は、家全体のテイストを揃えるように意識すると良いでしょう。

しかし、どこかで遊び心やアクセントを加えたいと思っている方もいらっしゃるかもしれません。
そのような場合には、トイレやウォークインクローゼットなど、小さくて人目につきにくいような場所で挑戦してみてください。
失敗する恐れが格段に下がり、挑戦しやすいですよ。

*設計を依頼する

外観は、住宅の顔と言っても過言ではありません。
その外観の第一印象はデザイナーのセンスが大きな鍵です。
外観は自分たちで考えていても、なかなか良いデザインが思い浮かばない場合が多いため、信頼できるデザイナーに任せてみるのもおすすめです。
自分たちの好みのデザインをしっかりと伝えることで、理想のマイホームが手に入るでしょう。

□トレンドのおしゃれ住宅とは?

「おしゃれ」と言っても好みは人それぞれですが、やはり服と同じようにトレンドは存在します。
「なんとなくおしゃれな家にしたい」と思っていらっしゃる方は、このトレンドを参考にしてみると良いかもしれません。
では、どのようなデザインの住まいが人気なのでしょうか。
ここからは、5パターンのテイストについて紹介していきましょう。

1つ目は、「シンプルモダン」です。
シンプルモダンは、デザイナーズマンションのようなシックな家にしたい方におすすめです。
床や壁などが全部「白」といったデザインをイメージしてください。

照明などの飾りは極力存在感が出ないようまとめる一方で、家具や壁紙は黒を使用しアクセントを入れてみましょう。
すると、白と黒でしっかりとコントラストが効いたおしゃれな部屋に仕上がりますよ。
また、黒ではなく赤などの明るい色でアクセントを入れると、またガラッと雰囲気が変わり、カジュアルな印象が生まれます。

2つ目は、「北欧風モダン」です。
こちらは、名前の通り北欧テイストのデザインで、おしゃれなカフェのような家に住みたい方におすすめです。

白木の床と白い壁をベースとし、アクセントクロスには淡いピンクや水色を取り入れるデザインです。
甘くなりすぎず洗練された印象になりますよ。
また、北欧特有の原色系ファブリックをワンポイントで取り入れてみるのも、アクセントが効いておしゃれな空間に仕上がります。

3つ目は、「和風モダン」です。
壁は白を基調とし、床材にはスギが使われる場合が多いです。
さらに、縁のない半畳や小さな障子を取り入れて、使用する家具の高さを低いものにすると、洗練された「和」の雰囲気を演出できますよ。

4つ目は、「ナチュラルモダン」です。
このデザインは、新築でもリフォームでもよく選ばれる、最も一般的なデザインでしょう。

床には針葉樹の無垢フローリングなどが使用され、壁は白を基調とします。
梁や幅木、廻り縁を目立たせて木の家であることを強調させるデザインです。
家具などは木製という点だけで揃えるのではなく、木の種類も揃えるとより統一感が出て良いでしょう。
さらに、先ほど紹介した和モダンとの相性も抜群ですので、ぜひ取り入れてみてください。

5つ目は、「古民家風モダン」です。
こちらは、レトロなカフェのような住まいにしたい方におすすめです。
古材やアンティーク物など色の濃い材料を使用すると、よりレトロ感がアップします。
また、照明にヴィンテージ物を使用するとよりレトロ感が強調されますよ。

□まとめ

今回は、おしゃれな戸建て住宅について紹介しました。
何十年も過ごすマイホームですから、おしゃれな空間にしたいですよね。
見た目が気に入れば生活していて楽しくなるでしょうし、さまざまな活力になるでしょう。
注文住宅をお考えの際は、最後まで丁寧にサポートさせていただきますので、ぜひ当社にお任せください。

2021年4月17日

中津川市で戸建ての購入をお考えの方へ!よくあるトラブルについてご紹介します!

「戸建て住宅を建てたいけど、トラブルが起きないか心配」
このような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
確かに、トラブルはいつ発生するのか予測できないですよね。
そこで今回は、中津川市の業者が戸建て住宅のトラブルについてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□戸建て住宅を建てる際によくあるトラブルとは?

納得いく住まいを建てるためにもよくあるトラブルについて把握しておくと良いでしょう。
ここでは、戸建て住宅を建てる際によくあるトラブルをご紹介します。

*完成がイメージと違っていた

注文住宅は、デザインや間取り、設備や建材など、多くのことに関して打ち合わせを重ねます。
そして、その打ち合わせでは、自分たちの要望をデザイナーや設計士に伝えて形にしていきます。
しかし、自由に設計できる一方、その打ち合わせでうまく相手に要望が伝えられなければ、自分たちが思い描いていた完成と異なる場合があります。
要望をうまく伝えられておらず、「言った」「言わなかった」のトラブルが発生しないように注意しましょう。

*工期が遅れた

注文住宅は、暮らし始められるまでを平均して、半年から1年半ほどかかります。
しかし、さまざまな理由から工期が遅れてしまい、以下のようなトラブルが起こる可能性もあるため注意が必要です。

例えば、家族の進学や就職のタイミング、現在暮らしている賃貸住宅の契約期間に合わせて計画を立てていたとしましょう。
もし、なんらかの理由で工期が遅れてしまった場合、入居が遅くなったことによって通学や通勤が大変になってしまったり、仮住まいを用意する必要があったりするかもしれません。

このように、事前に決めていた予定からずれてしまうことによってトラブルとなるケースもあります。

*近隣住民とのトラブル

住宅を建てている最中は、どうしても人の出入りが多くなってしまいます。
もし、適切な配慮をしていない場合、近隣住民から苦情が入ってしまう可能性があります。
このように、業者相手だけでなく、第三者ともトラブルになる可能性があることを覚えておきましょう。

□トラブルを回避する方法をご紹介!

ここからは、トラブルを回避する方法をご紹介します。

まずは、デザイナーや設計士、業者など、自分の家の担当者としっかりコミュニケーションを取るようにしましょう。
先ほど紹介した、「イメージ通りじゃなかった」というトラブルは、担当者とのコミュニケーションが足りなかったがために起きたと言っても過言ではありません。
このようなトラブルを避けるためにも、担当者とは密にコミュにケーションを取り、より具体的に根気強く話し合いをするようにしましょう。

もし、言葉でうまく説明できなければ、自分の思い描くイメージに近い写真や、自ら描いた絵を使って説明するのもおすすめです。
業者によっては、全体のイメージや窓の位置、天井の高さなどをより具体的にイメージできるようCGでシミュレーションしてくれたり、模型で立体的に見せてくれたりするようなところもありますよ。
コミュニケーションをより密にして、担当者との信頼関係を築いていくことは、トラブル回避への大きなポイントですので、ぜひ意識してみてください。

次に、ご近所さんとのトラブル回避のためには、工事前に必ず挨拶回りをするようにしましょう。
挨拶回りでは、自己紹介や工事期間を説明すると良いですよ。

基本的に工事の挨拶は業者がしてくれますが、世帯主自身も挨拶回りをすると、より印象が良いでしょう。
ご近所さんとは、暮らし始めてからがお付き合いの本当の始まりです。
住みやすい環境にするためにも、ご近所さんへの配慮は必ず行いましょう。

そして、完成した後は、内覧がとても大切です。
一般的に、住宅の完成後は引っ越し前に内覧会を行い、お客さんに完成した家を見てもらいます。

また、完成した家に不備がないかを事前チェックするため、その際には必ず隅々までチェックしましょう。
内覧や事前チェックの際は、カメラを持っていくのがおすすめです。
もし、気になるところがあった場合は、写真を撮って施工業者へ確認しましょう。
引き渡し後に問題が発覚するよりも、引き渡し前に発覚した方がトラブルは小さいです。

最後は、お金の問題です。
お金は一括払いにしないようにしましょう。
家が未完成の時点でお金を一括で払ってしまうと、大きなトラブルになりかねません。

例えば、お金を払ってしまった後に会社が倒産してしまえば、返金は難しくなります。
もしかしたら、家が完成していないのにお金が返ってこないといった最悪のパターンもあるかもしれません。
家が完成する前に支払うのは、手数料や手付金、着手金などの必要なお金のみにして、完成後に残りを支払うようにしましょう。

□それでもトラブルが起こってしまったら?

いくら気をつけていても、絶対にトラブルに巻き込まれないというわけではありません。
では、トラブルに巻き込まれたら、どうすれば良いのでしょうか。
ここからは、万が一トラブルが発生した際の対処法をご紹介します。

おすすめする相談先は、「消費生活センター」と「国民生活センター」です。
この2つは、消費生活全般に関する苦情や相談を受け付けています。

住宅に欠陥があったり、シックハウス問題が起きたりした場合に相談に乗ってくれます。
また、それだけでなく、契約時の金銭トラブルにも対応してくれるため、困ったときはぜひ利用してみてください。

その他に、住宅相談専門の窓口も存在します。
それが、「公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター」です。

こちらは、物件や業者を選ぶ際の注意点から住宅の欠陥に関する相談、業者とのトラブルやリフォームの見積金額の相談まで、住宅に関する相談を幅広く受け付けています。
もし、詳しいアドバイスが欲しい場合は、専門家のアドバイスもしてもらえるため利用してみると良いでしょう。

□まとめ

今回は、戸建て購入の際のトラブルについてご紹介しました。
特に注文住宅は、購入を検討してから住み始めるまでの期間が長いため、トラブルなどが起きやすくなってしまいます。
トラブルは誰にとっても良いものではありません。
そのため、しっかりと注意点を押さえて購入するようにしましょう。

2021年4月6日

新築をお考えの方へ!中津川市の工務店が後悔しない間取りのポイントを紹介します

「後悔しない間取りの作り方を知りたい」
新築をご検討中で、このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
マイホームを購入するのであれば、失敗せず満足のいくものにしたいですよね。
そこで今回は、中津川市の工務店が後悔しない間取りを作るためのポイントについてご紹介します。

□間取りで後悔しないためのポイントについて

ここでは、間取りのポイントをいくつかご紹介します。

*収納計画を元に間取りを決める

新しく広々とした家に引っ越すのであれば、物で溢れかえらない美しい収納を目指したい方が多いのではないでしょうか。
また、せっかく収納スペースを広くとっても使いにくくては意味がありません。
では使いやすい収納にするには、どのようなポイントを押さえれば良いのでしょうか。
最初に、目安となる収納率を知りましょう。

実は、一戸建ての家を建てる際に目安とする「収納率」というものがあります。
一般的には12パーセントから15パーセントほどと言われているため、ご自身やご家族の所持品の量を考慮しながら、参考にしてみてください。
また、その収納率を決めるためにも、ご自身の荷物の量を把握するのはとても大切です。
引越しの際に、必要なものと捨てるものをしっかりと見極め、無駄なものをなるべく減らしてから収納スペースを決めましょう。

そして、どこに何を収納するかも大切な要素です。
必要なスペースに収納がないと、量があっても意味はありません。
ご自身の持ち物や生活スタイルから、どこに何をしまうのかを考え、それに合わせた収納スペースを作るようにしましょう。

*騒音問題で失敗しない間取りにする

新築を建てた方が後悔している点として意外と多く聞かれるのが、騒音問題です。
例えば、小さなお子さんがいらっしゃる方は、子供達がはしゃぐ声や足音が気になってしまうかもしれません。
しかし、子供が騒ぐのはよくあることですし、無理に止めたくはありませんよね。
そのため、長い時間を過ごすリビングの上には子供部屋を配置しないようにしたり、床をクッション性のある素材にしたりするなど、工夫すると良いでしょう。

また、生活の中で気になる音は室内から発せられるものだけではありません。
外からの音も気になりますよね。
道路や他の家に面している部屋では、どうしても車の音や隣人の生活音が聞こえてきてしまいます。
そのため、リビングや寝室はなるべく周りの音が気にならない場所に配置しましょう。

一方、ご自身の家からも外部への音は発せられます。
特に、楽器を弾く部屋や大音量で音楽や映像を流す可能性のある部屋は、隣人の迷惑にならないよう工夫する必要があります。
例えば、隣の家と接している面は開口部をなるべく小さくし、防音性を高くしましょう。

*動線から間取りを考える

間取りを決める上で、家族が生活するのにどのような動きをしているか考えるのもポイントです。

基本的には、家事動線を最優先にして考えると良いでしょう。
その理由は、家事は毎日欠かさず行われるものであるためです。
時間的にも体力的にも家事を効率良くできれば、より負担が少ない快適な生活を送れます。
そのため、ご自身が家事をする上でどのような動きをしているかを考慮して、間取りを決めるようおすすめします。

また、家族みんなの動線を考えるのも1つの手です。
家族で生活する中で1つの地点が混雑してしまったり、余計な動きが必要になってしまったりするとストレスを感じてしまいますよね。
そのため、家族みんながストレスなく快適に過ごせるよう、生活動線を考えて間取りを決めるようにしましょう。

そして、最も忘れがちなのが、来客があった時の動線です。
玄関からお客さんを通す際に、寝室をはじめプライベートな空間が丸見えなのは避けたいですよね。
そのため、お客さんの動線とプライベート空間が重ならないよう注意が必要です。

□新築を購入する時期によってポイントは少しずつ変わる

新築を購入するタイミングは、人それぞれだと思います。
例えば、20代や30代で購入する場合は、将来の家族計画をもとに部屋数を決めたり、1つの部屋を仕切って子供部屋にリフォームできるようにしたりすると良いでしょう。
また、対面キッチンはリビングで遊ぶ子供を見ながら料理や後片付けができるため、大変便利です。
さらに、リビングを経由する生活動線にすると、家族間でコミュニケーションを取りやすくなりますよ。

40代で、ある程度子供も成長している家族には、子供部屋が必要ですよね。
それぞれの持ち物も多くなってくるため、収納を重視した間取りにすると良いでしょう。

50代は、子供も徐々に自立していく年代な一方、ご自身の親と同居して介護することを考える時期でもあります。
また、ご自身の老後を考えるタイミングでもあるでしょう。
そのため、バリアフリーな住まいで廊下を広くすると将来的に便利です。

60代は老後を考える年代です。
そのため、個室の数を減らし、なるべくシンプルな間取りにして動きやすい家にするようおすすめします。
また、扉も引き戸や折れ戸にすることで、必要に応じて間仕切りができるようにするのも良いかもしれません。

□間取りの失敗例について

実際にあった失敗例を事前に知っておくのも、後悔するのを防ぐために大切です。
例えば、コンセントや配線の位置を失敗したという事例があります。
具体的には、扉を開けると隠れてしまう位置にリビングの照明のスイッチがあったり、掃除をする際に不便な場所にコンセントがあったりすると使いにくさを感じますよね。
スイッチやコンセントは、思っている以上に生活の中で重要な役目を持っているため、しっかりと考えた上で配置しましょう。

また、広い部屋に憧れている方はいらっしゃいませんか。
せっかく購入するのですから、なるべく部屋は広くしたいという気持ちはよく分かります。
しかし、部屋を広くするために他の点を妥協して失敗した事例も知っておきましょう。

例えば、なるべくダイニングを広くしたいという理由で、キッチンと食器棚のスペースをできる限り狭めた結果、とても使いづらくなったという例があります。
また、なるべく部屋を広くしようとベランダの奥行きを狭くした結果、洗濯物を干した時に風に吹かれて窓と洗濯物が接触してしまったという例もあります。
そのため部屋の広さを検討する際は、最低限どのスペースも過ごしやすい広さを確保するようにしましょう。

そして、デッドスペースを活用することで、空間を効率的に使用できるため一度工務店に相談してみてください。

□まとめ

今回は、後悔しない間取りを作るためのポイントについてご紹介しました。
マイホームは一度購入すると、数十年間住み続けることが多いです。
そのため、一度の失敗でも長期にわたって影響を受け続けるでしょう。
そこで、今回紹介したポイントを押さえて、後悔のない間取りを設計し、快適な生活を手に入れてください。

2021年3月27日

中津川市で戸建て住宅をご検討の方!メリットとデメリットについて説明します!

中津川市で、戸建ての購入を検討中の方はいらっしゃいませんか。
しかし、マンションではなく戸建てにする決定的な理由が見つからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、戸建てのメリットとデメリットについて紹介していきます。

□戸建てのメリットについて

戸建てのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

そもそも、戸建てを購入する場合は、住宅の全てが自分たちのものになるため、修繕積立金や管理費がかかりません。
一方、マンションは多くの方と土地や設備を共有しているため、この2つが必要です。

同じように駐車場代も必要ありません。
戸建てであれば、自分の土地ですので余裕さえあれば好きな台数分駐車スペースを作れます。
また、玄関から駐車場までの距離もマンションに比べて近くなるため、使い勝手が良いでしょう。

資金面で言えば、戸建ては固定資産税が安くなる傾向があります。
皆さんは、固定資産税を決める際に、優遇措置を受けられる場合があることをご存知でしょうか。
固定資産税を算出するには、土地と建物が評価対象となりますが、実は戸建ての方がマンションよりも減額の優遇を受けられる場合が多いでのす。

騒音が気になりにくいことも、戸建ての大きなメリットではないでしょうか。
マンションだと、上下左右と他の住居に囲まれているため、どうしても生活音が聞こえてきてしまうでしょう。
しかし、戸建てであれば他の住居との距離がある程度保たれており独立性が高いため、お互いに生活音が聞こえづらくなっています。
ペットを飼っている方や小さなお子さんがいる方などは特に、他の住居へ気を使うストレスが軽減されるため良いのではないでしょうか。

さらに、リフォームがしやすいことも戸建てのメリットでしょう。
マンションであれば、やはり共有部分が出てくるため、リフォームしにくいのが現状です。
一方で、戸建てであれば必要なときに必要に応じて、好きにリフォームができます。

「自分の庭を持ちたい」
このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ガーデニングはもちろん、ペットやお子さんも庭で遊べますし、スペースがあればBBQもできます。
室外に楽しめる場所を設けられることは、戸建ての大きな魅力でしょう。

□戸建て住宅のデメリットについて

戸建て住宅には多くのメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

やはり、同じ条件だとマンションよりも戸建ての方が高くなってしまうのは事実です。
戸建ての場合は、土地と建物の料金を全て自分で支払う必要があります。
また、マンションは修繕積立金があるため、外壁塗装の工事などの場合に追加で修繕費がかかりません。

しかし、戸建ての場合は、自分で貯めておく必要があります。
劣化などで修繕必要箇所が出てきても全て自分で行わなければならないのです。

防犯や防災に関しても同様です。
マンションであれば、購入した時点で防犯や防災の対策を万全にしてくれていることがほとんどですが、戸建てはそうではありません。
ホームセキュリティー会社の導入をするにしても、それも全て自費で行う必要があります。
自分たちの好きなようにできる分、自分達で全てやる必要があることが戸建てのデメリットでしょう。

皆さん自身が、高齢になったときのことを考えてみてください。
2階建てや3階建ての家は住みづらくなる可能性が高いです。
歳をとるにつれて、足腰が弱くなり階段を登れなくなってしまうかもしれません。
特に、生活の中心となるリビングとお風呂や寝室が別の階にあると、生活が難しくなる可能性も十分に考えられるでしょう。

さらに、先程のメリットでは庭に憧れている方に向けて紹介しましたが、反対に庭の手入れが面倒に感じる方もいらっしゃるかもしれません。
それこそ、高齢になったら特に負担になってくるでしょう。
また、庭に植えてある枝が道路にはみ出したり、害虫がついたりしたときの対策もする必要があります。
ただし、庭に関しては戸建てでも無しにできるため、ご自身の希望に合わせて考えると良いでしょう。

□戸建てを購入する際の注意点について

戸建てを購入する際には、優先順位を明確にしておくようにしましょう。
購入する際は、立地や間取り、収納や部屋数、駐車場の広さなど、決めることは多くあります。
それと同時に、それぞれに対して希望があるでしょう。
しかし、これらの希望を全て叶えていると、予算がオーバーしてしまうでしょう。

また、家を購入する際は多くのオプションを選べます。
そのオプションを見てみると、どれも良いものばかりで全て欲しくなってしまうかもしれません。
しかし、実際につけてみたらあまり使わなかったなんて失敗も十分にありえます。

良いと思ったものを全てつけるという行為も、予算オーバーに繋がってしまいます。
そのため、購入を決める前に、自分が生活する上で何がどのくらい重要なのか、そしてそれは本当に必要なものなのかをしっかりと見極めるようにしましょう。

さらに、家を購入する上で重要なのは建物だけではありません。
周辺の公共施設やライフラインにも目を向けることを忘れないようにしましょう。
公園や病院、スーパーなど生活する上で近くにあると便利な場所がどこにあるかを確認するようおすすめします。

もし、家が満足のいくものになっても、買い物をするのに数十分もかけて行かなくてはいけない場所だと、そこにストレスがかかってしまいますよね。
特に病院は、体を動かすのが大変なときに行くような場所ですから、あまり遠いと後悔するでしょう。

また、水道やガスなどの公共料金は、地域によって値段が高くなってしまう可能性があるのをご存知ですか。
生活してみてから気づくとこれもストレスを増やす原因になってしまいます。
そのため、しっかりと周辺の公共施設やライフラインについて調べてから、土地を決定するようにしましょう。

□まとめ

今回は、戸建てのメリットとデメリットについて紹介しました。
マイホームの購入は人生最大の買い物と言っても過言ではないでしょう。
そのため、皆さんには戸建てのメリットもデメリットも知った上で、納得のいくマイホームを購入していただきたいです。
ぜひ、しっかりと考えた上で購入し、快適な生活を送ってください。
1 / 20812345...102030...最後 »

お客様とのお約束

1

お客様が嫌がるような
勧誘は一切行いません。
お気軽にご相談ください。

2

お客さま任せでも
ハヤカワホーム任せでも
ありません。
一緒に家づくりをしましょう。

3

お客さまの未来を
見据えた家づくりをします。
お金儲けのために
無駄な工事はしません。
お客様とのお約束

お問い合わせ・資料請求

お電話でのお問い合わせはこちら

0573−72−3365

営業時間 8:30~18:00 定休日:日曜日

お電話でのお問い合わせ
雑貨の似合う家づくりならハヤカワホーム

早川建築 株式会社

〒508-0203 
岐阜県中津川市福岡978−62

早川建築 株式会社

0573−72−3365

営業時間 8:30~18:00 定休日:日曜日

中津川市、恵那市、多治見市で新築一戸建てのオーダメイド住宅なら、中津川市のハヤカワホームへ

お問い合わせ・資料請求